【動画】ストーマ用品13品目のご紹介 ストーマ袋カバー

Print Friendly, PDF & Email
協力チャンネル (6) WOCナースマン – YouTube

オストメイトの給付制度では、ストーマ用品の給付対象品13品目が定めらています。

今回は、その対象品目に該当している、ストーマ袋カバーのご紹介をします。 

オストメイトの給付制度のストーマ用品の13品目の中にストーマ袋カバーがあります。

 そもそも、ストーマ用品の13品目とは?

13品目とは、日本オストミー協会を通して厚生労働省の会議で決められたものです。

地域生活支援事業によって給付されるため、お住いの市区町村によっては日用生活用具に該当しない場合は給付の対象外になるので、市区町村あるいはストーマ販売店でご確認の上ご購入下さい。 

ストーマ袋カバーは、パウチカバーとも呼ばれています。

透明なストーマ袋を使っている方で見た目が気になる場合や、ストーマ袋が肌に直接あたらないようしたい方などが、ストーマ袋の上から覆うカバーを装着するものです。  

ストーマ袋カバーが13品目に指定されている理由は?

オストミー協会によると、発汗によりストーマ装具のストーマ袋部分で蒸れを起こし、真菌などが発症するのを防ぐためとの事。

商品としては、ストーマ袋にカバーかぶせて汗を吸収する布地のもので、特に夏季に利用する。

となっています。 

ほかにどんな時ストーマ袋カバーを使用する?

ストーマ装具をお腹に貼るときは透明のストーマ袋がいいけれど、脱衣時、排泄時などにストーマや排泄物を直視したくないために使用される方もいます。 

器用な人は、ネットなどで検索して出ているものを参考にご自分で作られ、ご使用されています。 

販売されているものは、各メーカーいろんな工夫がされています。 

ウエル・カム サポートセンター (wellcomeshop.jp)

いずれの商品も柔らかい吸湿性のある素材でできています。 

オーガニック素材や柔らかいダブルガーゼ、排泄物に特化した消臭機能のある布、防音効果を得るための厚い布、など様々です。 

色はベージュやグレー、黒が多いですが、柄ものもあります。 

また、排泄時に汚れないようマジックテープで留める仕組みが付いている物、ウロ用袋がナイトバッグにつないでも捻じれにくいような仕組になっている物、袋の重みを減らすためベルト付きの物、など商品によって特徴や機能も様々です。 

今回ご紹介した商品の中でも、値段は540円から3,800円まであります。

ご購入を検討される方は、ご自分でパンフレットやネット、お店に展示しているものをご覧になられるか、ご希望を販売店に伝えましょう。 

この記事のまとめ 

ストーマ袋カバーは必ず使用するものではありませんが、見た目が気になるが、透明なストーマ袋を使用している方。

ストーマ袋の裏部分や縁部分が皮膚にあたって、発汗やかゆみなどの不快感がある方など、使用することで問題が改善することがあります。

商品によって、いろいろな機能が付いているものがあります。

ご自分あったものか検討されてからご購入されることをお勧めします。 

お住いの市区町村によって日常生活用具給付対象にならない場合があるので、ご確認の上ご購入下さい。 

関連記事